2015年09月05日

【ワーキングマザーの1日のタイムスケジュール】正社員の時短勤務&在宅勤務の場合






子育てしながら働くって、どんな日常になるんだろう??と
出産前や復職前はとても気になりました。


hoiku.jpg


参考になるのかわからないですが 1日のタイムスケジュールを公開しちゃいます。

まず 状況から。


●娘 現在1歳1ヶ月。絶賛 ママの後追い中

●祖父母や親類が遠方の環境。夫と私、娘1人の3人家族。

●0歳8ヶ月から保育園(お迎え時間は最長6時まで)

●在宅正社員&フリーランスの時短勤務
(勤務時間:10時〜17時 残業時は17時半)。土日休み

●夫の勤務時間 朝8時に家を出て、帰宅時間は平均20時30分。
月の3分の1は22時30分頃帰宅。土日は仕事があることも。


▼平日のある日*****

●7:30 全員起床 
夫:自分の身支度 
私:娘の朝ごはん準備(冷凍したものを解凍or昨晩つくったものを温める)

●7:40
夫:娘のオムツ変え
私: 娘の食事を食卓にセットし、冷ましている間に身支度(トイレ&着替え&洗顔&基礎化粧品)保育園にもっていく水筒準備

●7:55
夫:出勤(お見送り)
私&娘:お見送り

●8:00-8:20
私:娘の食事介助。平均15分。時間がかかる時は30分。

●8:30-8:40
私:娘の着替え(食後にうんちをすることも。オムツ変え)。動き回って時間がかかることも。

●8:40-9:00
私:授乳。穏やかな時間。授乳でじっとしているすきに検温。

●9:00-
私:洗濯機のスイッチをおし、娘の保育園へ送る。

(徒歩15分)お散歩気分で 猫や犬、虫や花を探しながら歩く

●9:15頃保育園に到着。
先生と情報交換やおしらせを聞く。

●9:30頃 帰宅後家事
私:娘の夜ごはん&大人の晩ごはんの材料を切って鍋にかける。
夫担当のはずのお皿洗いを昨晩してくれていない場合、お皿洗い。

●9:45 料理&掃除
私:料理を火にかけている間に洗濯ものを干す。10分くらいかな?ホウキで床をはく。
時間が足りない。

●10:00 始業開始
ここからは 分刻みに忙しいため家事できず。
集中しやすいので外で仕事することも多い。(家にいると残した家事がきになる)

●17 :30 終業
保育園に迎えにいく(15分徒歩)

●17:50 保育園に到着。
ふぅ18時までに間に合ったーー。(いつも最後。)
先生から娘の1日の様子を聞く。

●18:15 お散歩しながら家に到着。
そこから近所のコーヒー屋さんへ、娘の夕飯をもって娘をつれて遊びにいく。

●18:20〜20:00
娘のごはんをたべさせる。
コーヒー豆屋のマスターに娘を見てもらいながら 残業、フリーランスの仕事をする。

●20:00 帰宅
私:洗濯ものを取り込む

●20:15〜20:30
ミルク用のお湯を沸かすティファールのスイッチをおした後
私:娘のお風介助&自分のお風呂(夫が早く帰宅していれば夫が娘のお風呂を介助)

●20:30〜20:45
オムツ、パジャマを着せて自分の服を着る。

●20:45〜 実家の母に娘を見せるためにスカイプ開始。
私:娘と私の母がやりとりしているスキにミルクを作る。

沸かしたお湯を水筒に入れておく(夜間の夜泣き時にミルクをあげるため)

●21:00 夫帰宅。(10:00までに帰宅の場合)
私:授乳(15分くらい)
夫:パジャマに着替える。娘とあそぶ

●21:30 娘就寝準備
夫:ミルクをあげながら寝かしつけ。(夫が帰宅していない場合は私)夫はそのまま寝てしまうことも。
私:大人の夕飯準備

●22:00 娘 就寝
晩御飯を食べる。

●22:30
夫:お皿洗い(夫担当)お皿を洗ってくれる時もあるが 洗わないことも多い(怒)
私:明日の保育園の準備(着替えやオムツ準備、連絡帳記入)

●22:45
夫:youtubeでアニメや動画をみてくつろぐ(ちょっと怒)
私:明日の娘のあさごはんを作る(30分くらい)

●23:15
夫:youtubeでアニメや動画をみてくつろぐ(ちょっと怒)
私:宅配を2件たのんでいるので 注文表を書いたり、雑務。

●23:30
夫:youtubeでアニメや動画をみてくつろぐ(ちょっと怒)
私:洗濯物をたたみ分け(夫に言えばやってくれることもある)洗濯ものを収納。

●23:45
夫:youtubeでアニメや動画をみてくつろぐ
私:やっと自由時間!株やFXをしたり、ブログを書く。
(フリーランスの仕事が忙しい時はここから仕事開始。)

●00:00 一度 娘が起きて泣くことも。
夫:再度寝かしつけ
私:自由時間。娘が泣きやまない時は出動。

ゴミの日は福岡は夜中にゴミ回収なので ゴミ捨てを二人でする。

●01:00 大人 就寝

●2:00〜4:00頃に1回  娘 夜泣き
(0歳時の時は夜間授乳が3回。ひどい時は1時間起き)
私:授乳(20分くらい。たまに授乳のみで寝てくれることもある)
夫:起きてくれれば ミルクを作ってもらう(起きてくれない時は私が作る。)

夫:即寝る
私:ミルクをあげる

●5:30 娘 突如 起きて遊び出す(1時間くらい)
夫:やんわり起きているが寝ている
私:やんわり起きているが半分寝ている

●7:30 起床


▼土日のある日*****

●7:30 娘 起床。一人遊び
夫:やんわり起きているが寝ている
私:やんわり起きているが半分寝ている

●9:30
夫:寝ている
私:娘のあさごはんを準備&食事介助。夫が起きるまで娘とあそぶ。オムツ変えも。

●11:00
夫:寝ている
私:洗濯を回す。

●12:00
夫:起床。洗濯もの干しをお願いして干してもらう(起きない時は私が干す)
私:娘の昼ごはんを準備。

●12:15
夫or私:娘の食事介助、着替え、オムツ変え。
お願いしないと 夫はyoutube を見ています。(怒)

●13:00
夫:youtube かスマホゲーム。(怒)
私:大人の昼ごはん準備(外食のこともあり。外食時は私が娘をあやしたり抱えながら食事。)

●14:00 家族で外出。
スーパーにいったり 日用品購入など。

●16:30
夫:自由時間
私:娘をつれていつもお世話になっているコーヒー屋さんへ遊びに行く

●18:00
夫:娘とあそぶ(youtubeを見せている)
私:娘の夕飯&大人の夕飯準備。(外食のこともあり。)

●18:15
夫:娘の晩御飯介助。その後一息してから
私:大人の夕飯準備つづき

●19:30
大人 晩御飯(娘は一人遊び)

●20:30
夫:娘のお風呂介助。その後夫のお風呂。
私:お風呂後の着替え準備。お風呂後の娘を受け取りパジャマに着替え。


●20:30〜21:30
スカイプで実家の母に娘を見せる
夫:別のPCでインターネットしたりしている。
私:実母に娘をスカイプで会わせている

●21:30〜寝かす準備
夫:ミルク準備
私:授乳

●22:00前後に娘就寝
夫:ミルクをあげながら寝かしつけ(平均30分程度)夫はそのまま寝てしまうことも。
私:お風呂

●22:00〜
夫:お皿洗いをすることも。あとはyoutubeかゲーム。ダーツバーに出かけることも月に1、2回ある。
私:月曜日の保育園に準備。(10分)あとはフリーランスの仕事がなければ自由時間。本を読んだりネットをしたり。

●00:00〜娘が1回起きるので
夫:再度寝かしつけ。(平均10分程度)
私:自由時間。

●01:00 大人 就寝


●2:00〜4:00頃に1回  娘 夜泣き
私:授乳(20分くらい。たまに授乳のみで寝てくれることもある)
夫:起きてくれれば ミルクを作ってもらう(起きてくれない時は私が作る。)



夫:即寝る
私:ミルクをあげる

●5:30 娘 突如 起きて遊び出す(1時間くらい)
夫:やんわり起きているが寝ている
私:やんわり起きているが半分寝ている

●7:30 起床


****************


fuuf.jpg



■■■■■■ 考察 ■■■■■■

夫婦共働きの場合はもう少し男性は家事を手伝ってほしいところですね、、、。


私は時短勤務ですが、フリーランスの仕事もしているので けっこうフルタイムばりに働いています。

(在宅なので 通勤がないのは救いです。世の会社勤めのワーキングママは本当にすごいなぁ)


タイムスケジュールを見ていると 夫に腹が立ってくることもあります 笑

でも、夫の仕事帰りが遅いので、頼めることも限られてきてしまうかもですが。

(平日に無理なら土日はがっつり率先してやってくれる、、とかそういう意気込みほしいですね。)

料理ができるようになってほしいなぁ、、、、。。。。
(夫はまったく料理ができない&覚える気なし)


■■夫婦関係を円満に過ごすために必要なことは何だろう??■■

私のおうちの課題でもあるのですが、どうすれば お互い気持ち良く過ごせるでしょうか。


こどもができてからというもの、夫婦関係は180度変わったように思います。

忙しくって 手が回らず、相手がだらだらしていると トゲトゲしがちになってしまうのです。



夫に仕事が忙しくって手伝う時間がなくっても、せめてねぎらいの言葉があれば 穏やかな夫婦関係が保てそうに思います。(時間があるのに手伝わないのはダメです)

(我が夫は 「自分が忙しい」アピールばかりですよ、、、ため息💨)

態度には出していませんが、自分が忙しく家事をしているときに
だらだらされるのはいい気分ではありません。。。

どちらかが「家事や育児」をしている時は もう一人も 空気を読んで なにかできることを見つけて
「家事や育児」をすると 良いのではないかなと思います。

「言われてやる(手伝い感覚)」のではなく、「自発的にやる」ことが大事。

まぁ、そもそも私は「手伝う」意識が 許せなかったりします。

(「手伝う」って、自分の仕事じゃなく、他の人の仕事をお手伝いする時につかう言葉ですよね。そもそも「 二人」の仕事なのですから「手伝う」はおかしいんです)


共働きを選択した以上、夫も家事を率先して行うべきです。

(言えばやってくれるだけマシなのかもしれませんが、言わなくてもやってほしい。
言われてもストレスかもしれませんが、言うほうもストレスですよね。ただ、もしやってくれた場合は 感謝のみで不備に関しての文句は言わないようにしています。私がズボラなのであまり細かいことが気にならない性格っていうのもありますが)

家事や育児を半々に分担したとしても、こどもは母親じゃなくちゃダメなことって多いんです。

男性は半分以上家事をするような気分でやっていただいて 

やっと 同じ仕事量なのかなと思ったり、、、します。


家族会議で伝えたこともありますが、継続はなかなか難しいみたいですね。



とりあえず 怒りはおいておいて、笑顔で過ごすように気持ちを切り替えて過ごしています (爆)


他人を変えるのは難しいんです。自分を変えるほうが簡単。


(なので、もし家事をしていない共働きの旦那さんがいたら ぜひ奥さんとこどものために変わってあげてください)

とりあえず、お互い 感謝や労いの気持ちを忘れずに 過ごしていけたら、、、と思う次第であります。

愚痴までかいちゃったーーー失礼しましたっ。

▼育児中、 宅配は最強の助っ人です。
だいぶ助かっています。





posted by きなこあら at 16:59| 福岡 ☁| Comment(0) | ワーキングマザー 仕事と育児の両立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

【0歳児の保育園入園】保育園に入れてよかったこと メリット デメリット






そろそろ秋の気配、、、。

保育園の入園予約の時期ですね。

hiyoko.jpg


娘の通う保育園でも 赤ちゃん連れのママさん達が見学に来始めています。


10月頃から翌4月の入園時児の募集が開始になる保育園が多いです。


ちょっと大きい都市では 認可保育園に入園するのは至難の技。

0歳児(※翌4月の地点で0歳)からでないと 入園枠がないのが現状です。

でも、、0歳の赤ちゃんを保育園に預けることに 葛藤されるお母さんも多いのではないでしょうか。

私は育児休暇が1年(最長1年半)だった&祖父母が遠方だったため

「0歳児を保育園に預けて仕事復帰」 or 「仕事を一旦やめて 家庭保育」の選択肢しかありませんでした。

4月の入園の地点で 娘は生後8ヶ月。

私の地元(田舎)では3歳までは親元で育てている友人が大半。

母からも「0歳で預けるなんて かわいそうexclamationと言われてしまいましたふらふら

娘のはじめてのひとり立ちの瞬間やはじめてのあんよ、はじめてのおしゃべりも きっと見れないよね、、バッド(下向き矢印)

寂しさと罪悪感がじわじわくる、、、もうやだ〜(悲しい顔)


でも、子育てにはお金ふくろがかかるし、こどもが望むなら大学だって行かせたい。

なので 仕事(お金)も大事、、、。(復職の難しさはいろんな友人から聞いているので。)


******参考*********

労働力調査(総務省発表)では、男女の働き方による平均生涯賃金(現役時代の賃金収入と老後の公的な年金の合計)は、

【ケース@】女性が子育てのために30歳で退職し、その後は再就職せず専業主婦で過ごした場合の生涯賃金は3000万円。

【ケースA】30歳で子育てのために退職しても、40歳から定年まで週40時間程度の非正社員として働く場合は、生涯賃金は8200万円。

【ケースB】子育て期間中も産休程度だけで定年まで正社員として働ければ、生涯収入は1億7800万円。

専業主婦と正社員では正社員の方が生涯賃金が6倍も多くなる収入が得られます。

******************


そんなこんなで 後ろ髪を引かれる気持ちで(保育園にはいれるかどうかは別として)0歳の娘をつれて
保育園の門戸を叩いたのでありました。

10月に入園の申請をし、
翌2月に無事、入園の通知が届き、

4月から晴れて認可保育園に通うことになりました。

(認可に入れてよかった。無認可は高いところでは約10万/月 らしいです。)


現在1歳になり、保育園に通いだして 早5ヶ月。

すっかり慣れました。

そこで、【0歳児を保育園に入れるメリット・デメリット】 をまとめてみました。


hoikuen.jpg


まず デメリットから。


◆◆◆0歳児を保育園に入れるデメリット◆◆◆

●「はじめての○○」を見逃す可能性がある
(運良く 我が子のはじめての「おしゃべり(9ヶ月目に「バイバイ」)」「ひとり立ち(10ヶ月目)」に立ち会うことができました。まだ歩いていないので「はじめての一人歩き」も見たいなぁ)

●病気を毎月のようにもらってくる。
月1ペースで会社を2、3日休む可能性大いにあり。感染症だと1週間休み確定です。

●洗濯物が膨大な量になる(3倍くらい増えました)

●服や物に名前をつけるのがちょっと手間(いつか取れるようにアイロンシールにしています)

●連絡帳の記入や保育園準備が毎日の日課になる
(個人的には 連絡帳が育児日記の代わりになるので、よい成長記録としてデメリットには感じていません)

●時間の制約がある
「9時半までには登園、6時までにはお迎え」等保育園によって時間はまちまちだと思いますが、時間の制約があるので 遠出や急な残業は要注意です。

◆◆◆0歳児を保育園に入れるメリット◆◆◆

●離乳食から普通食へのアシストをしてくれる。
保育園といっしょになって計画的に進めることができるので、はじめての子育て&離乳食作りで右も左もわからなかったので助かりました。

●育児に余裕が生まれる
24時間ずっと一緒にいると 時には息が詰まる時もありますよね。
生活に仕事も加わるのでいい意味でバランスが取れて 、こどもとの時間を大切にできるようになりました。

●こどもの成長や発達が早くなる
お友達やお姉ちゃんお兄ちゃんをみて過ごすので 刺激が多いのか 家庭保育の子よりもいろいろ早い気がします。まぁ早けりゃいいってわけじゃないですけどね!

●いろんな遊びや体験をこどもにさせられる
連絡帳には 毎日のこどもの様子や保育内容が書かれています。
ピアノでお歌を歌ったり、紙ちぎりや小麦粉粘土、ジャム粘土遊び など 、自分一人では思いつかないことや準備が大変でなかなかさせられない体験がたくさん、、、。
(そもそも私はピアノ上手に弾けないし)

いろんな遊びで毎日楽しくすごしているようです。

娘の通う保育園ではモンテッソーリ教育を取り入れているので モンテッソーリ教育をうけれることも大きなメリットです。
保育園によっては 知育や英語を取り入れていたり、特色があるので教育方針もチェックしてみてくださいね。

●育児の相談ができる
ごはんを食べない時などいろいろな悩みを先生に相談できて心強いです。

●お行儀や作法がいつのまにか身についている
「いただきます」「ごちそうさま」や「ありがとう」の仕草やおじぎを会得しています。
スプーンやフォークの使い方も徐々に教わっているみたいです。
先生に教えてもらったり、お友達の様子を見て覚えるんですね。

●生活リズムが整う
保育園に通う前は 遅寝傾向にありましたが、保育園に通い出したら 朝の起きる時間&朝ごはんの時間が固定されるのでリズムが整いました。

●保育園に馴染むのが早い
1歳以降に保育園に入れると 保育園に慣れるのが大変だと聞きます。

娘は3日で慣れて、慣らし保育も最短(1週間くらい)で終了。2歳の友人の子どもは慣らし保育が2ヶ月くらいかかったと言っていました。

※慣らし保育とは、、、環境に慣れるまで 時短(2時間からはじまり、少しずつ保育時間伸ばしていく)で預かって様子を見る期間。

慣らし保育中は フルタイム(時短勤務でも)出勤は難しいかと思います。

hoiku.jpg


トータルで考えて、断然 保育園に入れてよかった!!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)と私は思っています。

参考になれば 幸いですわーい(嬉しい顔)









posted by きなこあら at 17:36| 福岡 ☁| Comment(1) | ワーキングマザー 仕事と育児の両立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
在宅イラストレーター&デザイナーの子育て奮闘記。妊娠から出産、育児&知育関連の話の他、ダイエットや美容など女性ならではのお悩みや気になる話題をつらつら綴っております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。